キャッシングの金利は1円単位で計算しますので、最後の返済時に1000円未満の「端数」が生じます。

最後の1回だけは「銀行振込による返済」とするキャッシング会社や「無利息残高」とするアコムのようなキャッシング会社もあります。

無利息残高は、1000円未満の端数については、利息もつかず支払期限もない残高のことです。

残高をすべて返済し、カードの解約をしたいという方は振込みによる返済を選び、またいつか利用するなら、そのままの状態にしておけます。

また、三菱東京UFJ銀行のバンクイックのように、小銭の取り扱いが可能なATMが備わっている場合、通常の返済と同じように最後の端数についても、ATMから入金できる場合があります。

消費者金融のメリット

消費者金融の昔のイメージは、あまり良いものではありませんでしたが、大手金融の傘下となっているところが多く安心です。消費者金融 審査のメリットは、スピードが早いことです。審査スピードはわずかであり、30分程度で融資を受けることが可能です。急にお金が必要となってしまうことがたびたびある中、そのような場合は時間的に余裕がありません。すぐに借りたい人にはとてもメリットが大きいです。銀行の場合だと安心感は強いですが、スピード対応には不向きです。借りる際には場所を選ばないということも、大きなメリットです。各地に点在する無人契約機があったり、インターネットでも申し込むことが可能です。借入先が少ない地方などでも、十分対応できます。返済においても、コンビニATMや銀行ATMが利用でき、大手の消費者金融であれば、場所に困ることはありません。消費者金融によっては、無利息キャンペーンを行っているところもあり、利用の仕方によって、とてもお得に借りられます。

即日キャッシングnavi【※どうしても今日中にお金必要な方専用】

債務整理は、お金を借り過ぎて返済に困った人を救済する制度です。
債務整理をしたことがある人がお金を借りるには、どうすればいいのか。どうして、あの人は、債務整理をしたのにお金を借りることができるのか、について説明します。


<債務整理の情報は、どこで調べる?>

まず、プロミスやレイクなどは、「どこで、債務整理をしたことがあるな・・・」と分かるのかについて説明します。

過去に債務整理をした事実などは、一般に「株式会社日本信用情報機構」「株式会社シー・アイ・シー」などの信用情報機関に記録されています。

つまり、キャッシング会社は、信用情報機関のデータを照会して「この人は、債務整理をしたんだ・・・」ということを知ることになります。

そのため、信用情報機関に債務整理をしたことが記録されている限りは、お金を借りることが難しいと考えることもできます。


<債務整理の情報は、いつまで残る?>

ここで、債務整理をしたことの情報は、いつまで登録されるのか、という点がポイントになります。

株式会社日本信用情報機構によると、債権回収や債務整理、強制解約などの情報は、その事実が発生した日から「5年」を超えない期間は保存する、としています。

さらに、株式会社シー・アイ・シーでも延滞や取引事実について、「5年」保存するとしていますので、債務整理後、5年間は、お金を借りるのが難しいことになります。

<債務整理前に取引した業者には申し込まない!>

ここまでの説明で、債務整理をしたことがある人は、手続き後、5年間はお金を借りることが難しいことが分かります。

注意するべき点は、5年経過した後でも、債務整理前に取引したことがある業者は、審査がとおりにくいことです。

債務整理は、お金を借りた人が「もう返せなくなった・・・」「借金を減らして!」という手続きと見ることもできます。

過去にそのようなことを言われた利用者に対し、再びお金を貸そう、とはなりにくいので、これまでお金を借りたことがない業者を選んで申し込むようにしましょう。

モビット審査申込みナビ

モビットは非常に多くの方が利用されているカードローンです。気になる方は一度チェックしてみて下さい。